HOME > 記事一覧 > 北海道の交通 > JR北海道が格安航空会社(LCC)で訪れた若者向け乗り放題切符を割安に発売!
JR北海道が格安航空会社(LCC)で訪れた若者向け乗り放題切符を割安に発売!2017.09.19(火)

北海道旅客鉄道(JR北海道)は、格安航空会社(LCC)であるANAホールディングス傘下のピーチ・アビエーションもしくはバニラ・エアで北海道を訪れた25歳以下の若者に、道内の鉄道路線が乗り放題となるフリーパスを割安で発売することを明らかにしました。

若年層への利用を促すことで、道央に集中しがちな観光客を他地域に分散させることで、道東や道北への鉄道利用を促し収益確保や地方経済の活性化に寄与します。

2種類のフリーパスを最大3,500円安く提供

今回JR北海道が25歳以下の若者向けに提供するフリーパスは、新千歳空港もしくは札幌駅、小樽駅から旭川もしくは帯広を経由して釧路、根室方面の道東地域が乗り放題となる「Peachひがし北海道フリーパス・バニラエアひがし北海道フリーパス(ひがし北海道フリーパス)」と、新千歳空港もしくは札幌駅、小樽駅から旭川を経由し稚内までの道北地域が乗り放題となる「Peachきた北海道フリーパス・バニラエアきた北海道フリーパス(きた北海道フリーパス)」の2種類です。

ひがし北海道フリーパスが大人が15,500円となりますが、25歳以下であれば3,500円安い12,000円、きた北海道フリーパスが2,500円安い1万円で利用できます。

道東もしくは道北方面の鉄道が最大5日間乗り放題!


日本最北端の駅「稚内駅」(北海道稚内市:筆者撮影)

LCCで北海道を訪れた方に向けたフリーパスについては、2017年1月21日の記事で記載していますが、同フリーパスは、ピーチ・アビエーションもしくはバニラ・エアを利用して新千歳空港へ到着した方を対象に、道東もしくは道北の鉄道が乗り放題となるフリーパスで、新千歳空港駅限定で発売しています。(購入にはあらかじめ搭乗券の半券を提示する必要があります)

ひがし北海道フリーパスは、1枚の切符で5日間道東方面への鉄道が乗り放題となります。一方で、きた北海道フリーパスは1枚の切符で4日間道北方面への鉄道が乗り放題となります。ただ、ひがし北海道フリーパスより1日間期間が短いことに注意が必要です。

特筆すべき点としては、フリーパスでは珍しく自由席に限定されますが特急列車に別料金を支払うこと無く利用できるのも大きなポイントです。

利用期間は2017年10月1日から12月3日まで

フリーパスの利用にはあらかじめ発売期間と利用期間が決められいますので注意が必要です。

ひがし北海道フリーパスときた北海道フリーパスの両切符は、通常の発売期間は2018年4月4日となっていますが、25歳以下に限定して割引価格で購入できるのは2017年11月30日までとなっており、最終発売日にを購入後、最終利用期間は12月3日までとなります。

また、ひがし北海道フリーパスときた北海道フリーパスを併用して使用(購入)するこはできませんので注意が必要です。

関連記事

ブランドブランドiphoneケースコピー