HOME > 記事一覧 > 北海道の交通 > JR北海道が札幌と釧路間の特急運行を再開!特急の割引運賃も拡充
JR北海道が札幌と釧路間の特急運行を再開!特急の割引運賃も拡充2016.12.24(土)

北海道旅客鉄道株式会社(JR北海道)は、2016年8月に発生した大型台風の影響により、不通となっていた石勝線と根室線の一部区間が復旧し、同区間を運行している特急列車の運行を開始することを明らかにしています。

また、運行再開に合わせて、JR北海道とJR東日本では同区間の特急列車が最大45%割引で利用できるインターネット限定のきっぷや特典の利用が可能になります。

札幌と釧路間の特急運行を再開!

8月に北海道を直撃した大型台風の影響により被害を受け、運休していた石勝線と根室線の一部区間が復旧したことにより、札幌から釧路間を運行している特急列車の運行を再開しました。

札幌から釧路間を運行している特急列車は、札幌と帯広間を運行している「スーパーとかち」と札幌と釧路間を運行している「スーパーおおぞら」の2列車です。台風が来る前の運行ダイヤは、スーパーとかちは1日あたり上下共に10本、スーパーおおぞらは上下12本運行していましたが、運行再開後も同じダイヤにて運行を行います。

8月に上陸した大型台風で石勝線のトマム駅(北海道勇払郡占冠村)から芽室駅(北海道河西郡芽室町)間において、鉄橋や線路下の盛り土部分が流されるなどの被害により運休が出来なくなっていたことから、特急列車や普通列車を含め、貨物列車の輸送に影響が出たことで、農作物の輸送が困難になり価格が高騰するなど日常生活に大きな影響を及ぼしました。

「スーパーとかち」と「スーパーおおぞら」が最大45%割引など割引運賃を拡充


出典:https://www.eki-net.com/top/index.html

釧路方面の列車運行が再開したことにり、札幌と帯広方面を結ぶ「スーパーとかち」と釧路方面の「スーパーおおぞら」の料金をインターネット予約限定で最大45%割引で提供します。

割引運賃の提供開始日は2017年2月1日より行われ、JR東日本のインターネット列車予約サイトである「えきねっと」にて申し込みができます。割引運賃の適用により、札幌から帯広まで乗車した場合、片道あたり最低3,960円で乗車できることから、高速バスなどに匹敵する料金で乗車が可能になります。

一方で、JR北海道が独自に提供していたインターネット列車予約サイト「JR北海道予約サービス」は2017年1月31日をもってサービスを終了することを明らかにしており、インターネットを通じた列車予約は、「えきねっと」に移行されます。

JR東日本の「えきねっと」では道内列車の予約でも会員向け優遇サービスを提供!

えきねっとで割引価格が提供されることにより、北海道在住者だけではなく、首都圏や東北地方在住の方など、JR東日本エリアより帯広や釧路へ旅行や帰省する際にもお得に利用しやすくなります。

合わせて、えきねっとでJR北海道の特急列車や快速列車の予約で、予約変更回数や払い戻し手数料などの優遇が受けられる「えきねっと特典」の対象になる他、IC乗車券「Suica」などに交換できる「えきねっとポイント」のポイント付与率が指定券売機での受け取りで従来は20ポイントだったのが、最大30ポイントに引き上げられるなど、道内を運行している列車をお得に予約できるようになります。

関連記事