HOME > 記事一覧 > 北海道の交通 > 新千歳空港にフィンランド航空(フィンエアー)が就航!17年ぶりに欧州便が就航へ
新千歳空港にフィンランド航空(フィンエアー)が就航!17年ぶりに欧州便が就航へ2019.01.15(火)

新千歳空港は、フィンランドのフラッグシップキャリアであるフィンランド航空(フィンエアー)が新千歳とヘルシンキを結ぶ定期便を就航させることを明らかにしています。フィンランド航空が就航すれば17年ぶりに欧州便が就航することとなり、欧州へのアクセスの利便性が高まるほか、訪日外国人観光客を更に呼び込む好機となりそうです。

2019年12月よりヘルシンキ線を就航

フィンランド航空(フィンエアー)が新千歳ーヘルシンキ線を2019年12月より就航させることを明らかにしました。同社はすでに、東京(成田・羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡に就航していましたが、日本の主要都市の空港では札幌のみ空白となっていました。

運行は2019年12月16日から2020年3月27日までとしており、週に2往復を予定しています。フィンランド航空と新千歳空港の就航契約に基づいて運行されることになり、契約満了以降については、旅客の動向を見ながら決めていくものと思われます。

17年ぶりの欧州線で欧州方面からの訪日外国人観光客の拡大に期待

新千歳空港は、2002年までにKLMオランダ航空がアムステルダム線を就航していましたが、旅客の落ち込み等から撤退した後、欧州路線は無い状況が続いており、ほぼ中国や韓国など東アジアを中心とした路線にとどまっていました。

今回フィンランド航空(フィンエアー)が2019年12月に新千歳空港に就航すれば、17年ぶりに欧州路線が復活することとなります。

道は外国人観光客を多く呼び込むことで観光先進国とする目標を掲げていることから、アジア方面の観光客だけではなく、欧州など幅広い国と地域の観光客を呼び込む必要があることから、2018年9月28日の記事でも記載したとおり、欧州への直行便の需要調査を実施していました。

ヘルシンキはフィンランド航空のハブ空港であり、欧州各地からの乗り継ぎがしやすい空港となっていることから、欧州各地から北海道へのアクセスが向上し、訪日外国人の増加に期待できます。

欧州方面からの観光客の増加とビジネス拡大に期待

新千歳空港にヘルシンキ線が就航することで、欧州各方面からの乗り継ぎなどを利用して北海道を訪れる訪日外国人の増加に期待出来ると言えます。

道の調査によると、これまで道を訪れる外国人観光客は1位が中国の62万人、2位が韓国57万人、3位が台湾57万人、米国7万人、英国1万人と、東アジア地域が中心となっており、欧州からの観光客の呼び込み余地が高いことがわかります。

今回の就航を機会に自治体は欧州での観光PRを強化していくことで、欧州において道の知名度向上に向けた取り組みが不可欠となる他、今回就航するフィンランドにおいても互いに雪国とある利点を生かした提携など、あらたなビジネス拡大にも寄与していくことに期待したいところです。

関連記事