HOME > 記事一覧 > 地域ニュース > セコマが電子マネー機能を搭載した「ペコマカード」を発行!
セコマが電子マネー機能を搭載した「ペコマカード」を発行!2018.07.24(火)

北海道を中心にコンビニエンスストア「セイコマート」を展開している株式会社セコマは、同社が発行している会員カードである「セイコマートクラブカード」に電子マネー機能を搭載した新たなカード「ペコマカード」を発行すること明らかにしています。

これまではポイントカード機能として活用されていましたが、電子マネー機能を搭載することで支払いとポイント獲得が同時に可能になることに加え、購買データの分析に活用するとしています。

2018年10月からペコマカードを発行へ

セコマは、同社がこれまで発行していた会員カードである「セイコマートクラブカード」に電子マネー機能を付帯した新たなカードとして「ペコマカード」を2018年10月より発行開始することを明らかにしています。

ペコマカードでは、セイコマート店舗で入金して、次回の買い物時に支払いに活用できるカードで、支払い金額に応じてポイントを獲得することができます。

ペコマカードの決済方式は、現時点では詳細については明らかにされていませんが、イオンが提供しているWAON同様にICカードによる非接触によるカードを導入するものと考えられます。

専用スマホアプリでの支払いも可能に

セコマでは、ペコマカードを新たに導入するのに伴い、スマートフォン(スマホ)向けに専用のスマホアプリを提供し、スマホアプリ上でも支払いとポイント獲得が同時にできるようにします。

スマホアプリでは、アプリの画面上に表示されているバーコードを使って支払う方式となり、ユーザーは複雑な設定を行うことなく、すぐに入金を行い支払いに活用できる仕組みとなっています。

支払い手段として活用してもらうことで購買データの分析に活用

今回、セコマが電子マネー機能を搭載したカードを発行する背景としては、顧客の購買データを活用し、今後の販売予測や商品開発、店舗の出店につなげていく狙いがあります。

同社は、コンビニエンスストアでは先駆けてポイントカードシステムを導入し、顧客の購買データを活用してきましたが、ポイントカード機能だけの場合、顧客の提示忘れなど効率的な情報活用には課題があるのも現状でした。電子マネー機能を搭載することで、より効率的に購買データを収集し、顧客のニーズにあった商品やサービスの提供につなげていきます。

同社は既に、イオンの電子マネー機能WAONや楽天の楽天ポイントも導入しており、他社と連携することでも、他の購買層のデータ活用と顧客の取り込みを強化しています。

関連記事