HOME > 記事一覧 > 北海道の観光 > 外国人観光客の更なる増加に期待!ハイアットホテルがニセコに進出
外国人観光客の更なる増加に期待!ハイアットホテルがニセコに進出2015.11.29(日)

ハイアットホテルアンドリゾーツは、日本初のパークハイアットレジデンスを擁する「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」を2019年に開業することを発表しました。外国人観光客にとって大変人気が高いニセコですが、ハイアットホテルの進出により外国からの更なる観光客の増加に期待できます。

日本初のパークハイアットレジデンスを併設!

「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」は、ニセコ・アンヌプリ山のスキー場に隣接する敷地内にレストランやバー、スパ、フィットネス、屋内スイミングプールを完備したリゾートホテルとする予定となっています。日本初となるパークハイアットレジデンスも100室併設予定となっており、開業後、海外からの富裕層を中心に利用が見込まれます。
 
ハイアットホテルアンドリゾーツは、ホテル・レジデンス運営について香港の不動産開発会社パシフィックセンチュリープレミアムディベロップメンツと契約を締結しており、「ニセコ HANAZONO リゾート」の最重要プロジェクトとして開発を進めていきます。

人気上昇の理由はオーストラリア人の口コミがきっかけ

bsPAK83_suki-suruhito20140209
高質なパウダースノーに恵まれたニセコは外国人観光客に人気となっており、スキーシーズンには世界各国スキーヤーが集まってきます。
 
ニセコに外国人観光客が集まってきたきっかけはオーストラリア人スキーヤーの口コミとも言われています。北米やヨーロッパのスキー場よりも短時間で行くことができ、時差負担も少ないというメリットがオーストラリア人スキーヤーの人気を呼んだようです。
 
ニセコには温泉もあり、日本らしさを味わえるのも魅力のようです。オーストラリア人スキーヤーの増加に伴い、英語対応可能な飲食店、スーパーマーケットも現れました。更にそれが他の地域からの外国人観光客を増やすという好循環が生まれています。最近では、オーストラリアだけではなく、中国、台湾、タイ、マレーシアといったアジアからの観光客も増えています。そのまま居住する外国人も多く、ニセコ町役場のHPには英語、中国語版ページも整備されています。

北海道が世界屈指のリゾート地に成長

bsC785_orange-no-tokachidake
ハイアットホテルアンドリゾーツに代表される海外大手資本の注目が北海道に集まっています。
 
2015年11月には、中国の上海豫園旅游商城による星野リゾート・トマム(占冠村)の全株式購入が決定しました。12月には、キロロリゾート(赤井川村)にシェラトンホテルグループ、ルスツリゾート(留寿都村)にもウェスティンホテル、アコーホテルの進出が計画されています。2016年3月の北海道新幹線開業によって本州からのアクセスも格段に向上する中で、外国人観光客の数も加速的に増加していくことが見込まれます。

関連記事