HOME > 記事一覧 > 地域ニュース > 北海道が新型コロナで「緊急事態宣言」を発動、感染症予防のために各自で対処できることとは?
北海道が新型コロナで「緊急事態宣言」を発動、感染症予防のために各自で対処できることとは?2020.03.03(火)

北海道の鈴木直道知事が新型コロナウイルスの感染者が拡大していることを受けて、「緊急事態宣言」を発動しました。道民に不要不急の外出を控えるように呼びかけ、可能な限りウイルスの拡散を防ぐように努めています。一方で、感染者が拡大することで漠然と恐れている方も多いですが、感染症は特別なことをしなくても自ら予防することができます。

北海道が緊急事態宣言を発動!外出控えるよう呼びかけ

北海道の鈴木直道知事は、道内で新型コロナウイルスの感染者が拡大していることを受けて、「緊急事態宣言」を発動しました。

緊急事態宣言により、道民に対して不要不急の外出を控えるように呼びかけ、可能な限り感染者の拡大に歯止めをかけたいとの思いがあります。

この緊急事態宣言により、札幌市内は通常であれば買い物客や観光客で賑わう中、百貨店といった小売店や飲食店などがの営業短縮や臨時休業を行うなど、街中も換算とした様子となっています。

また、学校でも一切休校にしている他、卒業式となる3月2日は道内の8割では卒業式を実施しましたが、残りの2割は卒業式を中止する学校もありました。図書館などの公共施設についても3月19日まで臨時休館とすることを決めています。

人混みを避け手洗いうがいを徹底する

新型コロナウイルスの感染者が拡大している中、漠然とした恐怖を感じている方も増えていますが、このウイルス事態は、通常の風邪やインフルエンザと同様で、感染したら必ずしも死に直結するものではありません。

新型コロナウイルスについても、通常の風邪やインフルエンザの対策と同様の対策で、感染するリスクは減らせるとしています。

今回の新型コロナウイルスを含め、風邪やインフルエンザなどに感染する経路としては、ウイルスが付着した手などで口や鼻などを触ることで、体内に入って感染するケースが多いとしています。そのため、可能な限り人混みを避け、こまめに手洗いとうがいを心がけることが重要であるとしています。

栄養バランスが良い食事と十分な睡眠を確保する

ウイルスに感染する場合、体内の免疫機能が衰えている場合に感染しやすくなる傾向にあります。多くに方が経験があるかと思いますが、疲れているときに、吹き出物が出る、風邪を引きやすくなるなどあります。

新型コロナウイルスについても、同様に体の免疫機能をしっかりと強化することで、体が自然にウイルスから身を守ることが可能になります。

そのため、栄養バランスが良い食事をこことがけることと、十分な睡眠時間を確保して、免疫機能を高めるように努めることが重要です。

身の回りで使っている物を清潔に保つこと

身の回りで使っている物についても清潔に保つことも重要です。パソコンのキーボードやマウスの他、電話機、スマートフォンなど毎日使っている方も多いかと思います。これらは、菌が付着した手で触れる機会も増えますので、これらを触った後に、口や鼻、目を触るなどで体内にウイルスが入り込む恐れがあります。

そのため、前述した通り、手洗いとうがいに加え、使用する前にアルコール入りのウェットティッシュを使って軽く拭くと良いでしょう。一方で、スマートフォンや携帯電話の場合は、市販のメガネクリーナーを活用すると効果的です。ただし、強く拭きすぎるとタッチパネルの表面処理(コーティング)が取れる場合もありますので注意が必要です。

また、扉や電化製品のスイッチの部分についても同様に、清潔にしておくことをおすすめします。

関連記事