HOME > 記事一覧 > 地域ニュース > 白鳥が見たい方は1・2月が遭遇チャンス★北海道を縦断する渡り鳥の中継地
白鳥が見たい方は1・2月が遭遇チャンス★北海道を縦断する渡り鳥の中継地2014.11.06(木)

白鳥の声って聞いたことありますか?

utonaiko2ここ、北海道千歳市内では秋から春にかけて白鳥の声がします。空を飛ぶ白鳥達の鳴き声って以外に大きくて、室内にいても聞こえるんです(゚д゚)!先日も夜、外で「ガアー」って声を出していました。アヒルの「ガア」とはちょっと違って、体が大きい分、野太い感じで大きな声を出します☆
秋・春には、千歳市内郊外の収穫が終わった『とうきび畑』などでその姿を見れます。
冬の雪がある時期なら、千歳川に隣接した『サーモンパーク』や、新千歳空港から車で約20分程の場所にある『ウトナイ湖(苫小牧市)』で白鳥達が羽を休めています!(サーモンパークや、ウトナイ湖ではパンの耳などで餌付けをしている人も居るようですが、賛否両論あるようですので興味本位で餌をあげないで下さいね)

渡り鳥はいついるの?

先にあげた、千歳川やウトナイ湖では気温が下がる真冬にいます!気温が低ければ低いほど遭遇する確率はあがるでしょう(笑)氷が張るぐらいの気温がベストですね!
秋・春なら、作物が収穫されたあとぐらいの時期にいますよ。土に落ちた作物を食べているのか、肥料を食べちゃっているのかわかりませんが、わりと集団で餌探ししながら休憩しています♪
tobu2
□■白鳥メモ■□
白鳥は、ツバサを広げると2m近くになり、気流に乗ると時速100kmぐらいで飛んでいます!夫婦・子供を含めた家族で行動し、飛び立つ時は首を縦に振って合図をしているんですって(*´ω`*)その飛び立つときの助走がすごい!水面を水かきで蹴りながら100m近く全力疾走!!そして、上空で風を読みながらV字飛行しているのです。

********************************

■渡り鳥の代表的な【飛来地】※白鳥・マガンなど
宗谷管内クッチャロ湖・苫小牧市ウトナイ湖・美唄市宮島沼(みやじまぬま)
網走管内濤沸湖(とうふつこ)・根室管内尾岱沼(おだいとう)/風蓮湖(ふうれんこ)
釧路管内厚岸湖(あっけしこ)/屈斜路湖(くっしゃろこ)

■Facebook:住まいのソーシャル北海道

関連記事