HOME > 記事一覧 > 暮らしの知恵 > 寒い冬こそ★ノルディックウォーキングのススメ!
寒い冬こそ★ノルディックウォーキングのススメ!2015.01.14(水)

冬の運動不足解消にウォーキング!

img62605814 毎日寒い日が続いていますが、家の中でぬくぬくして運動不足になっていませんか?雪も積もっていて、休みの日など運動のために外に出るのはちょっと勇気がいるかもしれませんが、ノルディックウォーキングはいかがでしょうか。
 ノルディックウォーキングは、2本のストック(ポール)を使って歩きます。ポールを持つことで上半身も使い、エネルギー消費量もアップし、効果的な有酸素運動ができます。しかも雪道でも歩きやすく、足腰や膝関節に負担がかかりにくいので高齢者にもおすすめです。さらに、冬は体温を維持するために、エネルギーの消費量が多く、夏よりも痩せやすくダイエット効果まで望めます。スポーツ店などでぜひ揃えてみてください。
 

歩き出す前に準備運動を

 寒いと筋肉も固まっているので、ラジオ体操などの準備体操ストレッチを十分に行います。体を温めるために、温かい飲み物を少し飲んでおきます。
 

防寒対策もしっかりしましょう

151-000006-21 手袋、イヤーウォーマー、ネックウォーマー、ニットキャップなどで肌の露出を限りなく減らします。
 服装は、インナー、スウェット、上着、を重ね着すると良いでしょう。重ね着は、ウェアとウェアの間に空気の層ができ、保温効果にもなり、暑くなったら脱ぐこともできます。
 インナーは、コンプレッションウェアを揃えてみてはいかがでしょうか。コンプレッションウェアとは、身体に圧を加え無駄な動きを妨げるアスリート向けの本格的ウェアですが、疲労回復、保温、速乾吸収、通気性、体幹を支える等の効果があり、一般の人にも浸透しつつあります。ホームセンターで売っているもので十分です。mens_item9
 上着は、ダウンジャケットなどのぶ厚い上着はウォーキングの妨げになるので、風を通さないウィンドブレーカーがおすすめです。
 シューズは、スポーツショップで、ウォーキング専用のものを購入しましょう。寒冷地用のものや、雪用のものもあります。
 靴下は、スポーツ用の厚手のものにしましょう。温かく、クッションにもなり、疲れにくいです。
 
 リズムよく歩いていれば、すぐにポカポカしてきます。汗で体を冷やさないように気を付けましょう。雪道ではくれぐれも転倒にお気をつけください。外の新鮮な空気を吸いながらリフレッシュしたり、野生動物を見つけたり、自分なりの楽しみ方をしてみてください!

関連記事

ブランドブランドiphoneケースコピー